中日新聞

enjoy★本屋さん 中日新聞プレゼンツ

角川春樹事務所から7月下旬の書籍新刊 名古屋市出身の天野純希さん著「衝天の剣(上)」のご案内

2016/7/6

======================
★ 角川春樹事務所 7月下旬 の書籍新刊
 「衝天の剣(上) 天野純希:著」のご案内
======================
丸十字紋の威信と誇りをかけた、
戦国の猛将・島津義弘の戦国記!!

<内容紹介>
戦国最強と謳われた薩摩の名門・島津家。
規格外の戦略と勇猛果敢な薩摩魂で、数々の敵を打ち破る島津四兄弟。
その中でも次男・義弘は、ひときわ光彩を放つ武力をもっていた。
島津家は九州制覇を目前に控えていたが四兄弟の前に立ちはだかったのは天下人・豊臣秀吉だった。
豊臣軍の圧倒的な軍勢の前に、義弘たちは島津家存続のため、苦渋の決断で秀吉に屈することになった。
その後、明国の征服を目論んだ秀吉の命により、朝鮮へ出兵することになった義弘は、
朝鮮軍との壮絶な死闘を繰り広げることになる――。


<著者紹介>
天野 純希(アマノ・スミキ)
1979年生まれ。愛知県名古屋市出身。愛知大学文学部史学科卒業。
2007年、『桃山ビート・トライブ』で第20回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。
2013年、『破天の剣』(角川春樹事務所)で第19回中山義秀文学賞を受賞。
他の著書に『サムライ・ダイアリー鸚鵡籠中記異聞』(人間社)、『風吹く谷の守人』(集英社)、
『信長 暁の魔王』(集英社)、『北天に楽土あり―最 上義光伝』(徳間書店)、
『青嵐の譜(上・下)』(集英社文庫)、『南海の翼―長宗我部元親正伝』(集英社文庫)、
『戊辰繚乱』(新潮文庫)などがある。

ページのTOPへ

中日新聞

Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.