中日新聞

enjoy★本屋さん 中日新聞プレゼンツ

河出書房新社から「名古屋を古地図で歩く本」(ロム・インターナショナル 編)のご案内

2016/7/13

河出書房新社から「名古屋を古地図で歩く本」(ロム・インターナショナル 編)のご案内

信長・秀吉を輩出し、家康が城を築いた名古屋の古地図を眺めると、
今日の繁栄へと連なる驚きの発見がいっぱい!
城下町の区割りの謎から、あの名刹古刹の意外な古の姿まで、
尾張・三河の歴史散歩を楽しみましょう!

扱われる地域
●名古屋市内全域 ●犬山市(入鹿池、針綱神社) ●津島市(津島神社) ●半田市(ミツカン酢)
●瀬戸市(瀬戸物、定光寺)  ●西枇杷島町(青果市場「下小田井の市」) ●岡崎市(三河花火)
●佐屋街道(熱田区→津島市→愛西市→桑名市) ●一宮市(起宿、三八市) 
●知多郡南知多町(篠島)●知多郡三浜町(「恋の水」) ●常滑市(大野海岸) 
●あま市(萱津神社) ●豊田市(猿投)


○名古屋を古地図で歩く本
ロム・インターナショナル 編

文庫 224ページ
SBN:978-4-309-4995-05
発売日:2016.08.8 (新刊搬入予定)
定価734円(本体680円)(予価)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309499505/

ページのTOPへ